旧近衛師団指令部庁舎(現東京国立近代美術館工芸館)

2015.01.15.Thu.23:27
東京の中心部。
いや日本の中心と言っても過言ではない皇居に隣接する「北の丸公園」の園内にある「現東京国立近代美術館工芸館」はかつて皇居と天皇を守護する近衛師団の司令部庁舎だった。

名前の響きからしてカッコイイ近衛師団とは、一般師団と異なり、禁闕守護の任から衛戍地こそ東京なものの、連隊区といった特定地域からの徴兵によるのではなく全国から選抜された兵によって充足されており、近衛兵になることは大変な名誉であった。
最精鋭かつ最古参の部隊なのだ。


東西線「竹橋駅」から5分ほど歩いて行くと、そんな最精鋭の部隊を明治期に率いた北白川宮能久親王の像が迎えてくれる。
個人的にはこの時代の兵装が一番格好いいと勝手に思う。

IMGP2271_R.jpg


そしてお待ちかねの近衛師団指令部庁舎!!
簡素ゴシック様式、イギリス積み赤レンガ造り、屋根は建築当初のストレート葺。
丸の内や霞ヶ関の明治洋風煉瓦造の建物が急速に失われていくなかでも官庁建築の旧規をよく残す貴重な建造物。

普段は変な穴に頭突っ込んだり山で泥や砂にまみれたりしているけれど、こんな場所もいいものだ。

IMGP2249_R.jpg



続きを読む "旧近衛師団指令部庁舎(現東京国立近代美術館工芸館)"
スポンサーサイト