128高地 周辺壕

2015.05.10.Sun.14:09
128高地には作戦室、戦闘指揮所のある壕以外にも壕がある。
もしかしたら区分上は128高地に含まれないかもしれないが、周辺に位置しているので、そういうことにしておく。


高度に偽装された坑口を探し出し潜入。

IMGP3134_R.jpg


続きを読む "128高地 周辺壕"
スポンサーサイト

128高地「戦闘指揮所」、「作戦室」

2015.05.10.Sun.00:58
「捷一号作戦」と呼ばれる計画に基づき日本軍側はフィリピンの防衛を試みるも、連合軍に敗北した戦いがあった。
史上最大の海戦とも呼ばれ、最近世間を騒がせた戦艦武蔵を始め、扶桑、山城等が没した「レイテ沖海戦」が発生した戦いでもある。
日本はこのフィリピン防衛に失敗したことにより、シーレーンを遮断され艦隊や航空機の燃料供給を断たれ十分な作戦行動すら困難になる。
またこの頃からサイパン基地から発進するB-29による本土爆撃が本格化する。

サイパン陥落の衝撃は大きく、「島嶼守備要領」や「上陸防御教令」が編纂される。
2つの文書の内容は、これまでの水際防御と反撃は、米軍の圧倒的な火力の前に不可能であると判断。
・後退配備
・地形を活かした縦深防御で対抗
・任務と地域の特性によっては内陸での決戦も認める
といったものであった。
この改定されたマニュアルによって、のちのペリリュー、硫黄島、沖縄における善戦に寄与し今回の128高地を含む本土決戦の準備にも使用されることとなる。

また、本土決戦に際しての作戦行動としては、以下のようになる予定であった。

・洋上及び泊地までの間を海軍を主体とする特攻戦力で減殺。

・主陣地線は陣地を構築しやすい沿岸部の丘陵地帯に設ける。
ここで艦砲射撃と爆撃を避けながら上陸軍の内地進出をくい止めるとる

・敵海岸堡へ重砲による砲撃を集中し、これにより海岸堡内の敵を消耗させ、かつ海岸堡の設置を妨害する。

・主陣地線にて敵を足止めしている間に、強力な打撃部隊を沿岸部後背地に集結させ、砲兵支援下、一気に海岸堡に突入する。

といった構想であった。

また後に「本土沿岸築城実施要綱」も示し、アメリカ軍の上陸する可能性が高いと予想される沿岸に陣地構築を開始する。
東京湾においても館山海軍航空隊や州ノ埼海軍航空隊、呉鎮守府101特別陸戦隊などとともに、各種特攻兵器による部隊を編成し、本土決戦に備えていた。



対するアメリカ軍の分析によれば、連合軍の上陸作戦が成功するとすれば、日本の航空兵力は10日以内にほぼ全滅し、有効な反撃はできなくなると考えていた。
こちらがその上陸作である「コロネット作戦」の作戦図。

ul0418211737.jpg


しかし、最終局盤の数日間にわたって、連合軍艦船及び上陸後の部隊に対して、日本軍側は大規模な自殺覚悟の体当たり攻撃するとみていた。
また房総半島の日本軍を掃討する方法としては「Dデー」の10日後に房総半島南東部の和田あるいは鴨川に、1個師団を上陸させることを想定していた。




歴史の概要は以上。
それでは状況開始!

密林を進む。

IMGP2978_R.jpg


続きを読む "128高地「戦闘指揮所」、「作戦室」"