赤山地下壕

2015.05.29.Fri.19:53
標高約60mほどの通称「赤山」と呼ばれる小山がある。
凝灰岩質砂岩まどからできた岩山の中には、総延長約2キロの地下壕と、巨大な燃料タンク基地跡が残っている。
しかし、地下壕建設に関わる資料が全く不明で、当時の証言も少ない。

証言やその壕内形状から
・戦闘指揮所
・野戦病院
・奉安殿
・兵舎
・発電所
・航空機部品格納庫
・兵器貯蔵庫
・燃料貯蔵庫
等を持った、全国でも極めて珍しい航空要塞的な機能を持った地下壕であったと推測される。
※NPO法人安房文化遺産フォーラム 「戦争遺跡」参照

独自にこの壕について調べてみたが、地元のNPO法人を持ってしても資料が乏しいだけあって、これ以上の情報は見つからなかった。



下記図は赤山地下壕の図

IMGP3218_R.jpg


上の図を見ても分かるように赤山のあちこちに抗口がある。
という訳でまずは赤山の周辺偵察。


続きを読む "赤山地下壕"
スポンサーサイト