HOME > お山遊び・キャンプ・ツーリング > 新緑を探しにお山へ ~神嶺林道、不忘山林道~

新緑を探しにお山へ ~神嶺林道、不忘山林道~

2017.05.23.Tue.00:13
まだ最高気温も15度を下回る東北の5月上旬。
新緑を探しにお山へ向かいました。

s-20170502_1044.jpg
遠刈田温泉街を抜けお山へ向かおうと走っていると、鯉のぼりが空を泳いでいました。

s-20170502_1041.jpg


蔵王から吹き降ろされる冷たくも爽やかな風に乗って鯉のぼりも気持ちよさそう。

s-20170502_1044.jpg

s-20170502_1048.jpg


神嶺林道に入ると山により深く分け入り、街の喧騒は遠ざかる。

s-20170502_1058.jpg

s-20170502_1104.jpg


材木が高く積み上げられ、出荷されるのを待っていました。
森林の香りともまた違う木の香りが仄かに感じられ心地よい。

s-20170502_1106.jpg


沢に降りるとまだ冷たい山の空気とはまた異なる清々しい冷気で満ちていました。
苔が美しい。

s-20170502_1109.jpg

s-20170502_1112.jpg


清涼な沢の空気と水を堪能して、再びセローに跨る。
程なく、この林道名物の洗い越しが現れました。

s-20170502_1116.jpg

s-20170502_1121.jpg


気になる横道があるとすぐ入ってしまう。

s-20170502_1126.jpg


カタクリの花が美しい。
まだ冬の気配が強い蔵王の山中でも、花や緑から春を感じられます。
心地よい瞬間です。

s-20170502_1127.jpg

s-20170502_1139.jpg

s-20170502_1135.jpg


走ってきた道を振り返ると、真っ青な空と雪残る蔵王の山が美しかった。

s-20170502_1145.jpg

s-20170502_1153.jpg


神嶺林道の終点に至るとスキー場に出ます。
ここは展望も良い。

s-20170502_1203.jpg

s-20170502_1204.jpg


スキー場に来る人は本来こちらの舗装路を使います。
しかし、この道路2016年9月の時点では終末世界感溢れる素晴らしい道でした。

s-20170522_2316.jpg

s-20160927_1233.jpg


それがいつの間にやらこんな整備された道に(´;ω;`)ブワッ

s-20170502_1208.jpg


次は不忘山林道に向かいます。
道中も美しい放牧地帯が広がっています。

s-20170502_1215.jpg


不忘山林道は更に標高を上げて行きます。
今日は林道の残雪具合の偵察も兼ねているのです。

s-20170502_1227.jpg

s-20170502_1235.jpg


空に向かって伸びる道に向かってトコトコ走ります。

s-20170502_1249.jpg


これまで、山と闘ったり仲間と競い合って走る事も多かったのですが、ゆっくり走らないと見れない感じられない素晴らしい風景が沢山あることに気が付きます。
山に深く分け入り様々な香り、音、景色を感じる時は至高の瞬間です。

さて残雪具合ですが。。。。あΣ(´∀`;)

s-20170502g_1302.jpg


なんの問題も無いレベルの雪の量ですが、ココに残雪が残るという事は。。。
先の日当たり悪い谷間に多くの残雪があることが経験から予想されるのです。

s-20170502v_1302.jpg



土木技術と自然の戦いを垣間見れる斜面。

s-20170502_1314.jpg


そして問題の谷間。
駄目みたいですね(´・ω・`)

s-20170502_1318.jpg


雪山アタックの一環で遊ぶには気温が上がりすぎて雪はガチガチ。
そもそも単独偵察なので無理をする理由もなく撤退です!


本日のお散歩兼偵察任務も完了したのでお昼の時間です。
お山で食べるご飯もまた最高の時間。

近くで水を汲みお湯を沸かします。

s-20170502_1327.jpg


s-20170502_1329.jpg


なお、店員さんに箸を付けて頂くのを忘れた結果。

s-20170502f_1342.jpg


1時間ほど春の気配と沢の音を楽しみながら日向ぼっこ。
名残惜しくもお山を後に帰還しました。

新緑がより深まったらまた来よう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する