HOME > お山遊び・キャンプ・ツーリング > GWのまだまだ寒い春キャンプ

GWのまだまだ寒い春キャンプ

2017.05.25.Thu.00:01
GWはお外で遊び回っておりましたが、恒例の合同キャンプもしていました。
寒さも一段落し、心地よい季節がやってきます。

s-20170505_1403.jpg
お気に入りの林道を走ります。
残雪の心配をしましたが、数日で状況は一変。
標高の比較的高い場所でも日に日に春の気配が濃くなるのを感じました。

s-20170505_1229.jpg


東京から来た同志のご要望と物資運搬の観点からセローさんも連れてきてます。
つまり遊び道具。

s-20170505_1234.jpg


キャンプ地に到着したら各自寝床を設営。
水の汲み出しと薪拾いを始めます。

ソロ用途には丁度いいサイズの有能なダイソージャグ。

s-20170505_1407.jpg

s-20170505_1408.jpg


集めた薪を流用したコットで昼寝を楽しんだり。

s-20170505_1745.jpg


お昼兼おやつを作ったりと自然に癒やされながら、ゆったり静かに好き勝手に過ごします。

s-20170505_1538.jpg

s-20170505_1756.jpg


ハッピータンの燻製は美味しかった。サヤエンドウチップスの燻製は不味かった。

s-20170505_1852.jpg


近年どストライクな漫画「ゆるキャン△」の布教もしておきました。
焚き火や沢の音、鳥の鳴き声のする山の中で読む「ゆるキャン」は格別です。
みんな買おう(`・ω・´)b
「ヤマノススメ」も持ってくれば良かったかな。

s-20170505_1512.jpg

s-20170505_1403.jpg


お昼寝や談笑に飽きれば、沢でダベる。泳ぐ。
幸せな時間です。後に寒さに震える事にもなりましたが 笑

s-20170505_1421.jpg

s-20170505_1428.jpg


キャンプ地の谷にも段々夜の闇が迫ってきました。
夜ご飯の準備に取り掛かります。

s-20170505_1804.jpg


心を奪われる星の美しさ。
こんなに落ちてきて大丈夫なのかなって程の流れ星の数。

山々で起きる不思議な話や様々な伝承。
風が木々を揺らす音を聞き、そんな事にも思いを馳せながら眠りにつきます。
こんな時が大好き。

s-20170505_2008.jpg


寒くも快い朝。
目覚まし代わりに少し散歩をすると、どんよりとした曇り空が広がっています。

s-20170506_0736.jpg


残りものの焼き鳥やスープで体を温め、帰路につく。

s-20170506_0852.jpg

そんなマッタリとした1日でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する