HOME > スポンサー広告 > 二居変電所HOME > 産業遺構 > 二居変電所

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二居変電所

2014.06.09.Mon.15:14
湯沢の国道17号沿いに彼は居た。
通称「二居変電所」
通称なのは今だに正式名称が不明で壁に「二居」と掘られているところから来ているらしい。

廃なるものの魅力を凝縮したような佇まい

IMGP1677_R.jpg

写真の右側が変電に関する大型設備、左側が管理棟だったようだ。
斜面に建設されていて合計3階建の建物になる。

二階に入るとまず変電設備と思われる遺構が残されていた。
これが唯一だが最大限この建物を変電所っぽく演出している。
なんだか一人になっても健気で可愛い奴だ。

IMGP1681_R.jpg

碍子が美しい。

IMGP1702_R.jpg


左方向を見るとトイレの跡

IMGP1682_R.jpg




さて三階に行こう

IMGP1684_R.jpg

コンクリートが劣化してきて少し危なっかしい
写真は三階から二階の階段を見た図

IMGP1691_R.jpg


鉄の窓枠が新緑に映えてとても綺麗

IMGP1685_R.jpg

IMGP1683_R.jpg

三階から建物右側の設備跡を望む。
結構高さがある

IMGP1690_R.jpg


外に出て山側へ降りた
植物の侵食もまた美しさに華を添えている。

IMGP1708_R.jpg


山側から見た外観全体図

IMGP1712_R.jpg


残留物もなく規模も大きくはない廃墟ですが、産業系廃墟の魅力をギュッと凝縮したような物件でした。
普段は無愛想なコンクリートも劣化して鉄の窓枠と合わさるとココまで美しくなるんだね。
なんだか大久野島を思いだすな~
関連記事
スポンサーサイト
コメント
小学生は最高だじぇ~

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。