HOME > 特集 間瀬銅山 > 間瀬銅山 ~第一、第二坑道及び狸掘り跡発見編~

間瀬銅山 ~第一、第二坑道及び狸掘り跡発見編~

2014.07.07.Mon.21:07
途中から来た方や検索結果から来られた方は「TOPページ」から読まれることをオススメします。

先に見つけた明神沢立坑周辺に目星を付け、山と同化してる鉱山道路の痕跡を探し道無き道を登り進む。
結構な標高まで登った。弥彦山にあるクルクル回る展望台?も近くに見える。
車の音も聞こえるようになったしスカイラインも割りともう近いのではないだろうか。

てか・・・ここまで登ったなら弥彦山頂上に車両を置いて降りてきたほうがすぐな気もするww

ん?
慌てて堆積した土を払い除けると!!

P5110279_R.jpg




当時のモノであろう。運搬夫等の通行の容易化のため岩場に階段上に掘られた跡を見つけた!
これらの遺構が仮に最盛期である大正元年(1912年)~大正4年(1916年)の頃のモノと勝手に推定すると約100年前の堀跡となる。
太平洋戦争より更に古い時代に、ここを人々が歩いていたのかと思うと胸が熱くなる!
・・・あくまで想像の仮説だけど。


他にも多くの痕跡を見つけることが出来た。

P5100153_R.jpg


P6210035_R.jpg


更に道無き道を進むと・・・

えっ!?Σ(´∀`;)
穴だああああああああああああああああああああああああああああああ

P6210042_R.jpg

上下二列に穴が空いている。
ただ近づいてみると分かるが上部は狸掘りのように抉れているだけ。
ただし下部の穴は・・・

あっ!

P6210184_R.jpg


これ坑道だ!
約一年間周辺の調査をしてきたけれど遂に坑道をこの目で見ることが出来た。
ただ感動よりも恐怖が先に来た。明神沢立坑を思い出したからだ。
あれは少し地面と平行に進んだ後に立坑となり数十メートル以上の地獄への穴が地中深くへ伸びていた。

どうしよう・・・
抗口の大きさは匍匐前進でもしなければキツイ程の大きさ。
急に立坑になり姿勢を崩せば頭から何十メートル、何百メートル続くか分からない地中へ飲み込まれる。
ただ愚かなことに好奇心が勝った

ほんの少しだけ匍匐前進。
ヘルメットがゴリゴリ当たる。穴の主の足が沢山付いた虫さんがたくさんいる。

P6210044_R.jpg


仮に大正時代の坑道にしては機械で掘ったかのように綺麗な切り口だ。
地盤も強固なのか崩落の跡も見受けられない。

その時・・・
ビュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

ひええええええええええ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
内部から地球の息吹なのか知らんが、大きな音と風が坑道内部に響き渡った。
風が通ると言う事はどこかに貫通する坑道か立坑の可能性も高い

もう限界だ。
何よりこの無防備な姿勢が怖すぎる。
落盤の発生や立坑へ墜落が起きれば姿勢など無意味と分かりながらもこの無防備な姿勢は怖い。
戦略的撤退! 
合言葉 「帰ろう。帰れば、また来られるからな」を思い出せ


流石にあの狭さに起因する怖さは少なくとも単独じゃ無理。
自分が入ったトコロから右方向にカーブを描いていた。そのため入口付近からは深部がどうなっているかは不明だ。
だが少なくともほぼ間違いなく坑道が存在した。
ここを仮称第一坑道と呼ぼう。
なぜ「第一」かだって?

何故なら、もう一つ坑道を見つけたからね!( ー`дー´)キリッ

P6210047_R.jpg

先ほどの仮称第一坑道の付近で発見した仮称第二坑道。
コチラは匍匐前進どころか腕一本が精一杯の狭さ。
しかし先ほどより更に強く内部より強く風が吹き出しており、どこかに接続していることを伺わせる。

フラッシュライトを腕ごと突っ込んでみる。

P5100155_R.jpg


P6210171_R.jpg


非常に狭いが間違いなく自然洞窟ではなく坑道だろう。
ただこの狭さは流石に不可解だ。だって狭すぎて掘れないだろコレww
恐らく100年の時を経て土砂の流入か坑道の崩落により埋まってしまったのではないだろうか。
もしくは排水のための水路?
要するによく分からないww

更に先へ進むと違和感を感じた。

P6210181_R.jpg

周囲の山肌が人為的に削られたかのようでね。
更に坑道のように見えなくもない場所もある。

ほぼ崖だけど気合を入れて登る。
何度か滑り落ちそうになるが登る。

すると・・・

P6210174_R.jpg

これは・・・狸掘りの跡ではないだろうか。

P6210172_R.jpg

P6210175_R.jpg


抗口のように見えた箇所も残念ながら少し深い狸掘り跡だった。

P6210178_R.jpg


今回、「仮称第一坑道」、「仮称第二坑道」を遂に発見!!
更に新たな狸掘り跡も見つけることが出来た。

※【補足】2015年5月
何度も足を運ぶうちに、当初は発見のテンションで狸掘り跡と決めつけましたが、自然風化による穴である可能性も否定できなくなってきました。。。。ん~もしかすると崩れやすい地層だし自然の造形によるものかもです。
当時の記録的な側面があるので記事の編集ではなく、ここに補足という形で記します。

一年以上の調査の価値がありココ最近では一番の恐怖感と達成感だった。



そう・・・
「第三坑道」を発見するまでは・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する