エストレヤのインプレッション

2014.07.13.Sun.16:46
エストレヤです。
エストレアじゃありません←ココ重要
スペイン語で「星」の意味。

初めての中型バイク。
初めてタンデムをしたバイク。
初めて北海道一周をした非常に思いれのあるバイク。
またオフロードの世界に自分を引き込んだ罪深きバイク。

カブ50から世代交代。
カブは未だにとある場所で元気に走り回っているので嬉しい限り。

IMG_3618_R.jpg

基本的に乗り物、銃、建築物等あらゆるモノが19世紀後期~20世紀初頭くらいの欧州っぽいものが好き。
そこで選んだのがカワサキのエストレヤ。

よりクラシカルっぽい外見にするために風切り板を付け、自作でステッカーを作ったりしました。
なお
クラシックスタイルの追求

長距離ツーリング仕様

大脱走的オフロード仕様

の遍歴を辿りました。


割りと力作の風切板の自作ステッカー
お爺様からDQNにまで何故か「川崎重工」ステッカーは人気でしたww

IMG_3730_R.jpg

IMG_3731_R.jpg

また初の超長距離ツーリングとして北海道をキャンプとライダーハウスを中心に北海道を共に一周。
この時、積載性を上げるために純正オプションパーツのリアキャリアを付けました。
荷締めベルトが垂れてるのは出発前なのでご愛嬌。ちゃんと末端処理して走ってましたよww
【北海道仕様】
・自作タンクバッグ
・ホムセン箱
・純正キャリア
・尻痛防止のための低反発マット
・背もたれ兼傷防止の100均座布団
・最高にカッコイイフットレスト(落ちてた枝)←割と重要

IMG_4220_R.jpg


八戸港から出発。捕縛されるエストレヤ。

IMG_4232_R.jpg


キャンプしたりライダーハウス泊まったり。

kao160123122609.jpg


IMG_4305_R.jpg


ガス欠したり。
相棒はホンダのクラブマン。

IMG_4339_R.jpg


IMG_4410_R.jpg


IMG_4435_R.jpg


IMG_4452_R.jpg

なお相棒のクラブマンは北海道一周が終了し、帰りの本州を走行中にエンジンから異音。
そのままお亡くなりになりました。

IMG_4549_R.jpg

IMG_4556_R.jpg

あとサイドバッグが燃えました
十六茶で無事鎮火

IMG_4474_R.jpg


北海道から帰還後に見た映画「大脱走」
この映画がある意味、その後のバイク人生を大きく変える。

b93399d2_R.jpg

映画見る

そこには自分と似たバイクでオフロードを颯爽と走り回るスティーブ・マックイーンが(゚д゚)!

コレ俺でもできんじゃね?

結果
秩父の中津川林道で林道デビュー。

IMG_4657_R.jpg

初めてのオフロードは簡単に車体が滑りとにかく怖かった印象
ただし子供の頃に感じたマウンテンバイクによる冒険や秘密基地を作ったワクワクを呼び起こしたのも事実。
世界が変わった気がした。

IMG_4833_R.jpg

基本的に大きな道路って好きじゃない。
自分の後ろに車がいるのが嫌い。
林道ならば凄まじいワクワク感と心地よい孤独を味わえる。

IMG_4841_R.jpg

その後、関東の林道を走りまくった。
まあその結果、夕暮れを林道で迎え怯えながら夜の山を走る事になる訳だが。

・両足が踵まで着くほど良好の足つき性
・比較的軽量な車重
・豊かな低速トルク
により意外なほどのオフロード性能を秘めてるエストレヤ!

なお同志からの協力により売却後の写真を入手。
ヘッドライトガードやアンダーガード、弾薬箱、KDX純正フロントフェンダーを装着。
これで更に各地の林道へフルサイズオフ車と共に大脱走していた模様。

2013010211270000_R.jpg


IMGP0710_R.jpg


無題_R


さて思い出を振り返ったところで再びエストレヤのインプレッション。

【長所】
・なによりそのクラシカルなスタイル
・前後ディスクブレーキな豪華仕様
・17リットルタンクによる意外な長距離ツーリング適正
・唯一無二のバーチカルシングルエンジン
・シート高が低くオフロード走行にも適する

【短所】
・特になし

通常、この手のバイクのエンジンは同じ単気筒エンジンのオフ車からの流用がほとんど。
なのにエストレヤはなんと専用設計エンジン(TRにも使ってるってのはナシで)
W650やW800と同様にエンジンがとにかく美しい。芸術品。
エンジン意外の細かい部分にも、とにかくカワサキのコダワリを随所に感じる。

・ウィンカーが敢えてプッシュキャンセルじゃなかったり
・唯一無二のシングルシートだったり。
・チョークやイグニッションがハンドル周りではなく、敢えてエンジン横だったり
・ハンドルロックが別体式だったり(なお使うと漏れ無くカギをへし折るカワサキクオリティ)

豊かな低速トルクを使って、心地よいトコトコした排気音を聴きながら田舎道を5速50キロくらいで走るのが最高。
涙がでるほど心地よい。
あの感覚を味わうためだけにまた欲しいくらい。
あと、とにかくお爺さんに大人気です。何度「これメグロ!?」、「古いバイク乗ってるね~」を味わえます。
女の子ウケも良い(オフ車と違って(´・ω・`)
ホーンが楽器のような面白い音がします。

短所は特に感じなかった。
遅いとか言うのは、短所ではなく車種選びが間違ってるだけ。コイツで林道に突っ込む奴が言うべきセリフじゃないけど。
ただ一部の年式だとカムチェーンの不具合がありリコール(正確にはサービスキャンペーン)があり注意が必要。
自分も無料で直してもらいました。

この手のバイクはマッタリ癒やされながら田舎道をトコトコ走ることも、眺めてニヤニヤも、長距離ツーリングも、林道突っ込んでヒャッハーもできるので大好き。
次買うならW800とカブ110とオフ車の3台体制がいいな。
スポンサーサイト
コメント
コメント有り難う御座います
売却後:
あら、売っちゃったんだ!(泣)

W800:
お待ちしております♪
>>チェントさん
W800割とマジで検討してます!
今後共よろしくお願いします。
お久しぶりです。

ちょっと教えて欲しいんですけど、
エストレヤをオフ仕様にしてた時、フットペグはどうしてました?

エストレヤにポン付け(或いは小加工)できるオフ車のフットペグを探してるんですけど…
>>チェントさん

自分もオフ用のフットペグの取り付けを検討したことがあったのですが情報も乏しく、かと言って大加工する道具もないので諦めたんですよね。
純正だと滑って怖いですよね。力になれずスミマセン 汗
No title
はじめまして
エストで林道。私だけかと思っていました。
意外といけますよね!
No title
>>yossyさん

はじめまして!
比較的軽量な車体やタイヤサイズ、単気筒とスペックだけ見れば逆に林道へ突入しない理由がみつかりません 笑
昔からある完成された形だからこそ汎用性があるんでしょうね!
オフ車登場前は皆このスタイルで未舗装路を走ってた訳ですし。
No title
初めまして、こんにちは。
エストレヤと過ごしたであろう時間、風合い、愛情がひしひしと伝わってきました。
心豊かな気持ちにさせて頂き、感謝しています。
実は私、先日大型二輪を取得したのですが、最初から大型に乗るのは金銭的にキツくて...。
普段は通勤で、休日にキャンプや釣りに行く友達が欲しく、エストレヤか他のバイクにしようかずっと悩んでおります。
エストレヤを推して下さる一言を頂けませんか?
長文になってしまい、申し訳ございません。
No title
>>リッキーさん

大型自動二輪免許習得おめでとうございます!

まず大型等の重量級バイクと比べると、当然高速道路は苦手なものの、気持ちのよい下道をトコトコと走っている時にふと現れる、ちょっと気になる横道などに気楽に寄れ、その先にある「楽しい場所、景色」に出逢える事は大きなメリットだと思いますよ(`・ω・´)b

エストレヤで悩まれるという事は、他社もクラシックな雰囲気のバイクでお悩みかもしれませんが、他社はオフロードバイク等に使われるエンジンを流用している事が多いのに対して、エストレヤのエンジンは専用設計で非常にお金の掛かったエンジンを使っているのも特徴だと思いますよ。
また息の長いモデルなので、いい意味で熟成されており車種特有のトラブルも出尽くされていたりするのも他車種と較べてメリットになると思います。

逆に高速を多用する遊び方であれば、他車種の方がいいかもしれませんが、自分もキャンプや釣りなどが大好きで自然の多い田舎の下道をエストレヤとトコトコ走り、気になった神社や横道へ気ままに逸れるような付き合い方は、今思い出しても極上の気持ちよさでした!

崖から突き落とす勢いで、背中を押してみました 笑
もし何か分からないことなどありましあら、気楽に聞いて下さい(`・ω・´)ゞ

管理者にだけ表示を許可する