HOME > スポンサー広告 > 猿島要塞HOME > 戦争遺構 > 猿島要塞

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿島要塞

2014.09.01.Mon.23:57
コミケ後にせっかく横浜にいるんだからと訪れた猿島
管理はされているものの素晴らしい戦争遺構が残っていました。

横須賀にある猿島は幕末~第2次世界大戦前にかけて、東京湾の首都防衛拠点となった場所です。
実際にこの要塞が実戦に用いられることは無かったものの島内には岩壁を掘って煉瓦で覆われた要塞跡は現在も残っています。


京急本線横須賀中央駅から10分ほど歩くと「三笠公園」が見えてくる。
その「三笠公園」内の三笠桟橋へ。
料金は往復1300円 約1時間おきに船が出ている。

見たこと無かった戦艦三笠の裏側
三笠カッコイイよ三笠

P8180223_R.jpg


やっぱり船旅はなんかワクワクするね。
天気は最高。最終便だったため人は殆どいない。

P8180224_R.jpg


そして
デ~~~ン
\猿島/

P8180231_R.jpg


島からの苛烈な機銃掃射も重火器による上陸阻害砲撃も無く10分足らずで上陸(脳内はプライベート・ライアン冒頭部)
待ち受けていたのは屈強な島を防衛する兵士ではなく、数々のリア充達。
そう、現在この島は海水浴やBBQのできるリア充の巣窟となっているのだ(´・ω・`)

ココロに大きなダメージを負いながらも上陸すると迎えてくれたのは海軍港であったことを示すもの

P8180338_R.jpg


売店の横にある管理棟には猿島内で見つかった砲弾や弾薬等が展示されていました。
左から75mm高角砲薬莢、弾頭。下が木製砲弾

P8180238_R.jpg


主な見所

P8180233_R.jpg


管理棟を出ると1895年(明治28年)に建造された「発電所」が迎えてくれる
ここで作られた電気は島の中央部高台にある照明所へと送られていたとの事。

P8180244_R.jpg

P8180245_R.jpg


横に目をやると良い雰囲気の横道と穴を発見!
バイクでも探索でもすぐ面白そうな横道に入っちゃうww
そこは管理棟の職員さん曰く「倉庫壕」 現在でも使われているそうだ。

P8180339_R.jpg

道に戻り進む

P8180249_R.jpg

カーブを曲がると「露天掘り幹道」が現れる。
ここには道沿いに「弾薬庫」や「兵舎」、「司令部」が存在する。
この反対側には12.7cm高角砲があったみたい。
息を呑むほど美しい。

P8180251_R.jpg

P8180253_R.jpg


切り通しと煉瓦積みの建造物でとても美しい。
なおレンガの積み方として今では有名な「富岡製糸場」と同じ「フランドル積み」構造を用いた貴重な建造物が残っていることでも知られているこの場所。

明治初期まではフランドル積み。フランドル積みの方が優美に見えるとのこと。
「富岡製糸場、銀座煉瓦街など」

煉瓦の積み方-フランス積み_R


それ以降はイギリス積み。イギリス積みの方が合理的で堅固とのこと。
「東京駅など」

煉瓦の積み方-イギリス積み_R
by wiki


分かりやすく伝えるならば「ラピュタみたい」

P8180254_R.jpg


P8180256_R.jpg


柵からフラッシュライトをツッコミ弾薬庫内部を覗いてみる

P8180263_R.jpg

P8180262_R.jpg


途中にはいくつも魅力的な横道や階段があったが、流石にここまで管理されていて人も多いこの場所に突入するのは流石にマズイと思いちゃんと我慢しました

そして見えてくるのは冒頭にも書いた貴重なフランドル積みのトンネル

P8180271_R.jpg

リア充がいないタイミングを見計らってフラッシュライトを点灯
内部の細かいところまで観察する

P8180276_R.jpg

資料によればこのトンネルの地下施設はトンネル西側に2階建てで並んでいるとのこと。
トンネル横にある開口部は山頂付近にあった指令所や照明所への連絡通路であり地下室には砲台の弾薬庫として使用されていた。

トンネルを抜けるとまたトンネルが待っていてくれた。
穴大好き人間としてワクワクする瞬間ww

P8180284_R.jpg


ただしここでは正面に見えているトンネルへ入らず右方向へ曲がった
おもーかーじ一杯!
これらは今いる場所の向かい側にあった27cm加農砲の関連施設とのこと。

P8180286_R.jpg

P8180288_R.jpg


外部から秘匿されるよう工夫されたトンネルを通る。

P8180290_R.jpg


そして回れ右をして先ほどの分かれ道へ戻り先ほど待っていてくれたトンネルへ。
ちなみにココは猿島猿島の弾薬庫の中で唯一入れる弾薬庫。

P8180294_R.jpg


なおこの上には大変魅力的な穴があった。覗いてみたかったけど我慢(´;ω;`)フ

P8180293_R.jpg

次は砲台跡
これと同じような鉄筋コンクリート製円座の砲台が5座あり、8cm高射砲が配備されていた。
しかし終戦後に進駐軍に解体され砲台だけが残された。

P8180295_R.jpg

同じような砲台跡は大久野島でも見たな。
高角砲を固定していたボルトが残る。

P8180305_R.jpg


木漏れ日が美しく木々の隙間からは横須賀の海が見える。
昔はこんな感じで守るべき海に睨みを効かせていたのかな。

P8180306_R.jpg


最後に「対空監視哨」が見えてくる

P8180315_R.jpg


ちなみにココが仮面ライダーのロケで使われた場所らしいですよ。

P8180324_R.jpg

半地下式になっている

P8180316_R.jpg


そして後に調べた結果、この円柱の場所に砲撃などに使用する観測機器を設置していたとのこと。

P8180320_R.jpg



最初は完全に要塞はリア充に支配され軍事遺構は安全確保のため徹底的に補強されて展示されていると思っていた。
実際は当然、色々管理はされているものの当時の雰囲気を十分味わえる中々良い島だった。
当時の軍事施設は「愛のトンネル」とかいうふざけたネーミングを筆頭にすっかり平和利用されているが、要塞にとっても戦争ではなく平和に人々が遊んでいてくれたほうがいいのかもしれないなとか思った。


帰りにまた待っていてくれた戦艦三笠
あ~カッコイイ(ry

P8180346_R.jpg

P8180348_R.jpg

ちなみにこんな企画やってました。
いや素晴らしそうな企画展示だけど、滅茶苦茶見たいけど・・・この企画タイトルはパク・・
・・・・おっと誰か来たようだ

P8180344_R.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。