HOME > 廃隧道、廃道 > 稲葉隧道

稲葉隧道

2014.10.29.Wed.22:36
田んぼと十数戸の家がある稲葉地域と、集落の中心地域との間には大きな岩山がせり出している。その頂きは急斜面でその下は断崖をなし、裾は破間川に落ち込んでいる。
大半の村びとは稲葉の耕作地へ向かうために、その断崖の岩山の峠を越えるとか、断崖の直下の破間川の川べりに切った、細い道を通るしかなかった。

PA260194_R.jpg


川べりの道は、屹立した岩山に少し切り込むような形で川っぷちにつけられており、川の流れから1メートルほどしか上がっていない。岩を欠き、水ぎわに石を積むなどして、やっと1.5メートルそこそこの道幅を確保していた。
川が増水した時はもちろん通れなかったし、山に少しでも雪がある時は終始雪崩が落ちてくるため、危険で通れなかった。
峠を越えればおとなでも四十分はかかったが、川べりの道なら五分ほどで通過出来る。みんながそこが危険な道であることは、百も承知の上で通越していた。

時は進み太平洋戦争敗戦から二ヶ月後の1945年(昭和二十年)十月。
紆余曲折あったものの村人たちは遂に隧道を掘り始めた。

この隧道の大きな特徴として「明かり窓」の存在がある。窓は縦横約1メートル~2メートル。窓は五ヶ所。
明かり窓を取り付けた重要な理由が2つある。
1、明かり窓であったと同時ズリ捨て口として利用され、隧道を掘るにあたって発生する岩屑等のズリを破間川へ向かって投げ落とすため。
2、測量はおろか設計すらなく終始一貫として勘と見当で掘り抜いた隧道であったが、その方向づけの見当をつける上で明かり窓は重要であった。明かり窓のところの岩壁の厚みを見て、隧道が岩山の中にどれくらい入っているかを判断した。岩壁の厚みを一定に保つ事で、自然のカーブに沿った曲線で隧道を掘り進めることが出来るわけである。

現在でもその明かり窓は破間川対岸からかろうじて見ることが出来る
円で示した場所がその場所
ただしトンネル内部からは巻きたてによりその姿を見ることは出来ない
現在ではそのぽっかり開いた穴の意味するところを知る人も少なくなっているそうだ

PA260227_R.jpg


そして1946年(昭和21年)12月に隧道が貫通する。
その後、雪崩により子供が亡くなった事故を契機に1952年(昭和27年)頃に二本目となる50メートル程の隧道が掘られる。
時代は進みルートは同じながらもスノーシェードが設置され、車がすれ違えるだけの道幅や照明も設置され現代の道路事情に合うトンネルが改めて作られた。

しかし・・・(;゚д゚)ゴクリ…
長年村人を苦しめてきたその岩山は現代の土木技術を持ってしても敵わなかった




新潟県守門村でトンネルが崩落、14世帯孤立

 新潟県守門村の県道にある「稲場ずい道」(全長230メートル)が土砂崩落で埋まったと、
25日夜新潟県警に通報があった。トンネルの先にある同村東野名地区(14世帯43人)が
孤立状態になった。けが人は出ていない。電気・水道などのライフラインは確保されているという。

 現場は破間(あぶるま)川右岸を縫うように走る県道のトンネル。県内でも有数の豪雪地帯で、
土砂崩れはトンネルわきの山で、高さ60メートル、幅50メートルにわたって起きた。


2002年(平成14年)1月25日の事であった。




では長かった歴史の時間を終えて現場へ!
状況開始!!
簡単なカラーコーンにて現道と異なることを示している。

PA260186_R.jpg


更に進むと稲葉隧道南側坑口が見えてくる。
非常に厳重に封鎖がされている。
威圧感すら感じる。

PA260193_R.jpg


隧道の横に祀られている不動尊像。
先述したように旧旧道は大変狭い道でよろけただけで川へ転落してしまうような道だった。
そのため安全祈願のためにと祀られていたものだ。

しかし、川が増水した際にこの不動尊像が流され村中が必死で探したが見つからなかった。
その際に、穴沢松治という方が「俺が新しいお不動様を寄進する」と名乗り上げた。
何故ならこの穴沢氏、雪崩に巻き込まれた際に助けだされた場所がこの不動尊像の前だったため日頃から感謝の意を抱いていたらしい。
その後、流された不動尊像も川底から見つかりこうして現在も2体の不動尊像が並んで祀られている。

左側が流された古い不動尊像。右側が新しく安置された不動尊像。

PA260190_R.jpg


話は戻りコチラが抗口

PA260189_R.jpg


一切の妥協無く閉鎖されている。
そりゃ廃道でもない現道運用中に崩落事故があったのだから当然っちゃ当然か。

でも・・・見たいよね崩落地点|д゚)チラッ

気がついたらなんやかんやの不思議な力が働き壁の向こう側にいましたとさ

PA260225_R.jpg


廃坑道ほどではないにしてもやっぱり怖い(物理的な意味で
名残惜しく平和な外界を何度も振り返る

PA260209_R.jpg


2002年まで現役だっただけあって隧道内部はそれなりに広い。
戦後直後の手掘り隧道の頃の面影は感じられない。
明かり窓も近代化改修により塞がれフラッシュライトがなければ眼の前にかざした手のひらすら見ることが出来ない暗闇が辺りを包む。(正確には恐らく明かり窓があったのは北側抗口周辺)

PA260210_R.jpg


そんな中奴は現れた・・・

絶対立入禁止

視察関係者、調査関係者、工事関係者等もこれより先への立ち入りは当分の間厳禁


PA260212_R.jpg


尋常ではない((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
「関係者以外」立ち入りはこれまでも何度も見てきた。
しかし・・・「あらゆる関係者も立ち入り厳禁」って・・・
なんだこの世界中の禁止をかき集めたかのような立ち入り禁止は

意を決して歩を進める。
愛用のフラッシュライトを少し前に向けるとソイツはコッチを睨んでた・・・

圧潰閉塞


もう人類の進化とか土木技術の発達とか完全無視した自然、地球の猛威
それだけで相当の強度と重さを持つであろうトタンもまるで紙の如く破壊されている。
てか、これ隧道自体が歪んでないか?

これまで何度も閉塞した隧道や坑道は見てきたが、手掘りではなく近代的なトンネルがここまで徹底的に破壊されているのを見るのは初めてだ。

PA260219_R.jpg


暫くの間、立ち尽くし何度もその姿を必死で写真に収めていた。
ふと視線を横に向けると崩落部だけでなく老朽化の影響か崩落に引きずられたのか不明だが巻きたて側面部のトタンが剥がれている場所があった。

PA260223_R.jpg

コレまさかコンクリートで巻きたてた上にトタンを巻いてるのではなく素掘りの下に直接トタンを巻いている!?

それが如何にも強固な岩盤が見えていたのならそれほど動揺もしなかっただろうが、不幸なことに見えていたのは今にも崩れ流れこんできそうな軟弱そうな土砂だった・・・
正直、崩落部を見るよりよっぽど怖かった。なんだか無事な場所も今にもトタンを突き破り崩れてきそうで。
怖かったので敢えて口には出さなかったけどww

絶対立入禁止は嘘じゃない
撤収!!



無事に外の光を浴びれることに感謝しつつ対岸へ移動する。
隧道が崩落し通行ができないからこそ北側抗口も見ておかないと収まりが着かない。
って事で北側抗口。

PA260203_R.jpg

南側と構造が異なり見える範囲は隧道ではなくスノーシェードであることから「稲葉雪覆工」という名なのだろうか。

PA260196_R.jpg


柵からカメラを突っ込んでみる。
美しい左右対称なスノーシェードの先に崩落地点が見える。

PA260197_R.jpg


また例の看板・・・
ただコッチは南側抗口と異なり暗闇に支配されることも、今にも土砂が噴き出してきそうな隧道側面部もない。
なので割と強気。


PA260198_R.jpg

恐らくちょうど隧道が始まる区間から崩落したのだろう。
よく見ると崩落地点から内部の形状や施工方法も変わっている。
先ほどの恐ろしいトタンが少しだけ見える。

PA260200_R.jpg


この隧道名物であった「明かり窓」も恐らくこの凄まじい土砂の中なのであろう。
では撤収!

隧道崩落事故の後に建造された橋が見える。
隧道は崩落し岩山に勝つことは叶わなかったが、これまで迂回することしか出来なかった破間川に橋をかけ通行を可能とした。
そこにまた人の強さも感じられた。

PA260192_R.jpg


橋の近くには碑があった。
並々ならぬ苦労をし自らの手で掘った隧道を完膚無きまでに自然に破壊されても尚、ふるさとも厳しい自然をも憎むことなく愛し安心と安全を求めるその姿に稲葉地区の人々の強さを垣間見た気がした。

PA260204_R.jpg

【参考資料】越後洞門 手掘隧道物語 磯部定治 著
関連記事
スポンサーサイト
コメント
ここは誰にでも案内できる場所ではないけど、寂れの耽美さだけでなく、自然の強大さとそれでも生きていく人間の底力を感じさせてくれる一級品だと思います。

【参考資料】越後洞門 手掘隧道物語 磯部定治 著
読みたーい! 今でも手に入るのかな。絶版ですか?
>>The ENDoさん

自分も図書館で借りてきたやつなんですよ。現物欲しいです(´・ω・`)
他にも新潟の6つの隧道の歴史や逸話が掲載されてて非常に良書なんですよ!
でも・・・絶版でamazonでも5000円(定価1000円)
1999年が初版なのに
検索した際、本の性格上なのか新潟中の図書館にありましたよ。オススメです!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する