間瀬鉱山 第三坑道完全攻略編

2014.07.07.Mon.21:07
途中から来た方や検索結果から来られた方は「TOPページ」から読まれることをオススメします。



今回、新たに間瀬銅山の情報を集め、また「仮称第三坑道」の完全攻略を行いました。
以前の内容と重複する部分もありますが、これまでの調査を補完する形なので、先に以前の記事を時系列順にお読みいただけると理解が深まると思います。


では、再び現地へ入り状況開始!

第三坑道完全攻略と立派なタイトルを銘打っておきながら、まず「仮称第一坑道」の話。

P5110268_R_R.jpg

当初は、その小ささから試掘坑かなにかだと思っていた。
内部の写真を見ていただければわかるように、匍匐前進で進まなければならないほどの狭さなのだ。
これまでは、その狭さにビビり調査を見送ってきたが今回意を決して匍匐前進で突入してみた!

IMG_9809_R.jpg


「ん~キツイ(´・ω・`)」

身軽になるため肝心のカメラを坑口に置いてきたため、写真はないが上の画像の奥の行き止まりに見える部分からカーブし始め更に狭くなる。もう方向転換なんて無理なほどに。
しかもこの狭さに加えて大量のゲジゲジが現れる。

んで、キツイ思いをしながら導き出す仮説は。。。「これ江戸時代らへんの坑道じゃね?」

・ロッドの跡が無く、ノミの跡ばかり
・仮にここが坑口だとすると鉱石を運び出す手段が、それこそ背負い籠くらいしかない立地(未発見の軌道や索道がある可能性はある)
・何より坑道の大きさが、江戸時代の規格と似ている。(江戸時代の坑道は幅2尺(60cm)、高さ3尺(90cm)で、この大きさは人が座って鎚と鏨とで掘る最小限の坑道)

やる気のある方は是非、坑道の先を見てきて自分に教えて下さいww
命綱を付けることを勧めます。いきなり斜坑になったりしたら詰むので。。。。いないだろうけど




今度こそ「仮称第三坑道」へ。
出オチな気がしないでもないが、今回の目標は第三坑道の完全攻略!
何と言っても今回は新装備のクルマのヘッドライト並の明るさを誇る超高照度ライトと心強い同志までいるのだ。
気合を入れて状況開始! 

相変わらず木製軌道が美しい。

IMGP2725_R.jpg


誰かの置き土産。持ち主が竪坑に落ちてたりしないことを祈る。

IMGP2727_R.jpg


そしてやって来ました。最初に現れる3股分岐。
「第三坑道突入編」を見ていただくとわかるように、主坑道は正面、支坑が右方向、斜坑及びシュリンケージ跡が左方向。

IMGP4060_R.jpg


「これただの分岐じゃなくてトロッコ積込み所じゃね!?」


これまで、補強跡だと思っていた場所だが、よく見るとホッパーが付いており上層から鉱石を軌道に止めたトロッコに流しこむようになっている。
見にくいとは思うが、木の板がコの字型になっている。その下にある石も崩落したものと思っていたが、どうもこれはホッパーから流れてきたものだったようだ。

IMG_9842_R.jpg



【ホッパー】
ホッパーは、鉱山で選別した鉱石、炭鉱で採掘した石炭、河川で採取した砂利などを、出荷・積込まで貯めておくための貯炭槽および機械設備である。ホッパーは積み出し設備を兼ねるため、主に貨物線・専用線の引込み線や運搬用の道路の上に作られている。貯炭槽となるホッパー自体の形状は、原料が効率よく流れるように円錐型や四角錐となっている。


早速、新事実が判明しテンションは上がる!
左方向にある斜坑も覗いておこう。相変わらず魅力的な深い穴。
右下に底知れない斜坑がある。

IMG_9839_R.jpg


下層レベルに行きたいよな。。。(´・ω・`)

IMGP2735_R.jpg


それでは、これまで未踏破区域であった右方向の坑道へ行ってみよう。

IMGP4060_R 2


進んでいくと坑道の左側が大きく抉れている部分が見えてきた。
軌道跡も確認できる。

IMGP2750_R.jpg


ただのヘコみかと思ったが・・・「見かけによらずヤバイぞコレ!」

IMGP2747_R.jpg


同志まこちゃんさんが持参したストックで突っついてみたが、体積した土砂の中へズブズブとストックは飲み込まれていった。
恐らくココから下層のレベルに鉱石を流し込んでいたのではないか。
とすると万が一、人が落ちた場合、底なし沼のように下層へ飲み込まれていく可能性もある。

やはり貧弱なライトしか持たず単独入坑であった前回、踏み込まなかった判断は正しかった。
⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!
冗談抜きで専用の装備がなければ坑道は本当に危ない。

ココ以外にも、何度か同じ構造を持つ箇所がいくつもあった。

IMGP2752_R.jpg


更に進むと支保工が見えてきた。
支保工の上部には堆積した土砂が溜まっていて些細な衝撃で崩落を引き起こしそうで怖い。

IMG_9862_R.jpg


軌道の枕木が置かれていた。

IMGP2757_R.jpg


見えている正面に進んでよう。
水の音がする。
支保工上部の土砂よ。どうか今だけは崩れてこないで((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

IMGP2766_R.jpg


水没してました。。。
いやウェイダーでもあれば行けるけど今日の装備じゃ無理。
でも水没した底にさっきのような流し込み所があって、それを気が付かず踏み抜いたらと思うとあまり行きたくはない。

IMGP2767_R.jpg


光が水面に反射した坑内は綺麗だ。

IMGP2771_R.jpg


先程の二股分岐まで戻り左方向へ進んでみよう。

IMG_9862_R b


これまでは立って歩く分には不自由ない高さだったが、ココは中腰で進まなければならない狭さ。
空気も良くない。

IMGP2777_R.jpg


崩落したというよりズリがそのまんまな感じ。

IMGP2781_R.jpg


乗り越えて先へ進む。

IMGP2795_R.jpg


間もなく閉塞していた。

IMGP2791_R.jpg


IMGP2793_R.jpg


三股分岐の右方向に伸びる坑道は以上。

三股分岐まで戻り主坑道を進むことにしよう。

IMGP4060_R 23


IMGP2731_R.jpg


そして現れるお馴染みの分岐。

IMGP4038_R.jpg


歩いてきた主坑道を背にすると支保工のある左方向
主坑道が続く右方向
正面に高さ90cm程度の第一坑道と似た規格の坑道がある。

そして写真正面の支保工のある坑道が未踏破坑道だった。
だって竪坑とまでは言わないが、落ちたらロープがなければ上がってこれない下層のレベルが顔をのぞかせていて怖かったんだもの。。。ふぇええええ

IMGP2801_R.jpg


でも今日は行くよ!( ー`дー´)キリッ

IMGP2805_R.jpg


いつもながらあっさり迎える命の危機。
先程、三股分岐の右方向の坑道で見た「流し込み」も似たような構造だったのではないか。
下層へ繋がっている穴だ。下層は水没しており、足をかけられる場所や上層へ上がるルートは未発見なので落ちたら大変なことになる。
更に恐ろしいことに、瓦礫で穴が隠されており自分が写真を撮ったこの場所も一部空中に浮いていた。

IMGP2820_R.jpg


足先で路盤を確かめながら慎重に先へ進む。

IMGP2817_R.jpg


ひええ
下層が見えるよ。転落したら帰ってこれないな。

IMG_9904_R.jpg


こんな箇所が何度も続く。

IMGP2807_R.jpg


水落ちる轟音が聞こえてくる。坑内滝でもあるのだろうか。
ってか。。。出水が凄い。
壁に張り付くようにして進む。

IMG_9911_R.jpg


より出水が多くなる。
あら。そこからは遂に水で覆われますか。

RPtrK3bHFhwybk51429188070_1429188101.png


おっ!!梯子だ!
これまであまり人口物を見てこなかったので嬉しい!
周りを見渡すとどうやら上部のシュリンケージ坑へアクセスするためのものだったようだ。

IMG_9913_R.jpg


更に水の轟音が大きくなり出水も多くなる。

IMG_9914_R.jpg


意図的と思えるほど、金属が見当たらないこの坑道において数少ない金属片を見つけた。(戦時中にも採掘があったようなのでその影響だろうか)
金属片の正体は不明。

IMG_9915_R.jpg


おっ!
閉塞か!?

IMG_9917_R.jpg


閉塞してました(´・ω・`)

IMG_9916_R.jpg


閉塞部上部からは滝のように水が豪快に流れ落ちてきていた。
水の出処は恐らく近くにある沢だろう。
知らずに沢の開口部からココへ吸い込まれたりしないことを祈る。

IMGP2833_R.jpg


では戻ろう。
あ~またこの危険ポイント通るのか。

IMGP2834_R.jpg


主坑道まで戻ってきた。
このまま主坑道を進み命名「お気入り支保工」の二股分岐まで進もう。

IMGP2840_R.jpg


主坑道を進み、「お気入り支保工」へ到着。
なんだか知らないが、このお気入りの支保工を潜り未踏破区間へ進もう。

IMG_9920_R.jpg


「お気入り支保工」の後ろ姿。
支保工たん可愛いよ支保工たん(^ω^)ペロペロ
この辺は未だに銅鉱床が残っているようで、エメラルドグリーンの壁面が毒々しくも美しい。

IMG_9925_R.jpg


これまでは、崩落が多く「危険!」とゴーストが囁いていたので侵入していなかった未踏破坑道。
いざ先へ!


と思ったら下へ!だった!



いやね。
いい感じに降りられそうな下層部があったので降りてみたのだ。

IMGP2855_R.jpg


残念ながらロープがないと下降は無理。
途中から垂直に近い壁になり更にその下は水没している。

IMGP2856_R.jpg


近くには木製水路の残骸が残っていた。
状況から坑道天井部付近に排水装置として取り付けられていたが、風化により落ちたようだ。
支保工もそうだったが、この水路にも釘などの金属が一切使われていない。

IMGP2853_R.jpg


近くには地面に設置するタイプの同じような水路も発見した。
ただの地面の切れ込みではなく、丁寧に上記の木製水路と同じようなものが埋め込まれていた。

IMGP2872_R.jpg


少し広い空間に出た。
ここから坑道内の景色が一変する。

IMGP3942_R.jpg


銅鉱床が近くに残っているようで、酸化銅の色だろうか壁面がエメラルドブルーで染められている。

IMGP2866_R.jpg

IMG_9939_R.jpg



ただ支保工と思っていたモノもよく見るとホッパーのようだった。
あまり見ない作りだが、これも一応ホッパーなのだろう。
鉱車の真上から鉱石を降ろす形式になるのだろうが、随分危険な作りな気もする。(一般的には坑道横にホッパーを設置する)

IMGP3945_R.jpg


坑道上部に目を移すと至る所にシュリンケージ採掘跡が見える。
腐った足場が些細な衝撃で崩落し、坑道ごと自分らを押しつぶす事が一番可能性が高くそれが恐ろしい。
ここの殆どの坑道の上部はこんな感じなのだ。

IMGP3937_R.jpg


ホッパーを通過すると梯子が出迎えてくれた。
坑道以外の残留物が少ないためちょっとした物でも嬉しくなる。

IMGP2875_R.jpg


そしてこの梯子の活躍舞台であったであろう竪坑がまた坑道脇に顔を見せていた。
左下の暗闇がそれです。

IMGP2874_R.jpg


恐る恐る覗いてみる。
これは(゚д゚)!

IMG_9977_R.jpg


丸太梯子じゃん!
遊具のアスレチックとかにもあるアレである。
こんな場所でご対面するとは。
下層部に降りられないかまこちゃんさんが丸太梯子に足をかけてみる。

グニャリ

ゴム製品のように弾力を持ってまこちゃんさんの体重を受け入れた。
これでは降りられない。
やっぱり下層部へアクセスするためにはロープによる空挺降下作戦しかないか。


先へ進むと今度はモンスターのお腹の中にいた。

IMGP3929_R.jpg


どうもこの「お気入り支保工坑道」付近は鉱物を多く含む土壌のようだ。酸化銅が多く見れる。
特にここは見所たっぷりで面白い。
リムストーンの子供のようなものも形成されている。

IMG_9957_R.jpg


鉱物を豊富に含んだ出水により、鍾乳洞で形成される鍾乳石より速い速度で成長するそうだが、貴重なことに変わりはないので壊さないように注意しながら進む。

IMGP2880_R.jpg


モンスターのお腹の中を進むと先は閉塞していた。
だが左方向に開いた一回り小さい高さ160cmほどの坑道を見逃さなかった。

IMGP2892_R2.jpg


用途不明の空間。
軍事系の壕ならば工作機械等を設置したりする際に見られる形なのだけれど・・・
休憩にちょうどいいスペース。

IMGP3918_R.jpg


IMGP2908_R.jpg


5メートルほど進むと閉塞していた。
今まこちゃんさんがいるあたり。

IMGP2895_R.jpg


と思ったら。。。「階段がある!!」


本当にあったよ。。。。上部レベルにアクセスする階段が!

IMGP2902_R.jpg


放置された長年の年月を主張するかのように、階段は角を消失し土砂が堆積し大変滑りやすかった。
これは帰り大変だぞ。

登ってきた階段。

IMGP2913_R.jpg


ここから方向を北西に変え階段は伸びる。
先程の階段よりさらに角度は急になり階段も劣悪なものになってきた。

IMGP2915_R.jpg


上を見上げるとシュリンケージの跡が見える。

IMGP2916_R.jpg


そして閉塞。
ここまで来るのも崩落する土砂と闘いながらだった。

IMGP2918_R.jpg


正確にはここから更に上方向に道が伸びていたが、坑道ではなくシュリンケージの際に使った木製の足場で到達は不可能だった。
無理やり登ったらこの坑道もろとも崩れ去るだろう。


撤退。
元来た道を戻る。帰りこええええ。
滑ったら下のレベルまでゴロンゴロンと滑落だな。

IMGP2920_R.jpg


道を戻り「お気入り支保工」の分岐まで戻ってきた。
軌道に沿って主坑道を進もう。

IMGP2801_R 2


IMGP4035_R.jpg



やはり軌道があると不思議と安心できる。

IMGP2935_R.jpg


ただ湿度は急上昇し目視でも分かるほどの靄がかかる。

IMGP4014_R.jpg


そしてすぐに未踏破区域が現れる。
急上昇する湿度の原因はここが原因なのだ。

IMGP4005_R.jpg


以前は崩落&上部からの激しい出水を見て自分のポンコツゴーストが危険と囁きまくっていたので侵入しなかった。
右方向にも短い坑道があるが、第三坑道突入編で記載してるので参考にして下さい。

IMG_9984_R.jpg


いざ!未踏破区域へ。崩落しかけてる支保工にできるだけ触れないようにしながら瓦礫を乗り越える。
滝のように水が激しく落ちてくる。
圧潰閉塞も時間の問題のような場所だ。

IMG_9997_R.jpg

IMG_0839_R.jpg


危険箇所を乗り越えて振り返った図。
左下に見える穴が以前、探索した際に恐れおののいた竪坑。

IMGP2956_R.jpg


恐る恐る覗いてみる。
結構深いぞここも。

IMG_9999_R.jpg


先へ進む。
湿度が高くまともな写真が撮れない。レンズがすぐ曇る。

IMGP2957_R.jpg


途中で地層が変わるのか坑道の雰囲気も大きく変わる。

IMG_0004_R.jpg


鉱物はさっぱり詳しくないので分からないが、なにかの結晶だろうか。
山サンゴ?水晶?
詳しい鉱物オタの方詳細求む!

IMG_0002_R.jpg


先へ進むと正面と右方向に分岐していた。

IMGP2959_R.jpg


ただ右方向は閉塞していた。
崩落したというよりここもズリがそのままな印象。

IMGP2967_R.jpg


そして最深部を目指す。

IMGP2965_R.jpg


最深部閉塞。

IMG_9994_R_R.jpg


これで最深部まで到達し「仮称第三坑道」の未踏破区間を含めこのレベルの全ての坑道を調査をしたことになる。
大満足で帰還の途につく。
記事も長くてスイマセンww

資料調査や聞き込みを含め2年近くの調査により、ここまでこれたのは感慨深いものがある。
ただ未だに謎や未踏破区域も多い。箇条書きにする。


①第三坑道からゼロメートルレベルまでの下層空間の調査。
少なくとも真下に1つ下層レベルが存在することは多くの竪坑や斜坑がそれを証明している(一部水没)
今後ロープや下降器等を用いて降下し調査を進めたい。→降下調査しました。

②新坑道の発見。
これまで調査してきた仮称第三坑道は推測の域を出ないが、恐らく最も高い階層に近い場所に位置しているはず。
シュリンケージ採掘で鉱石を下層部に落としていることからも更に低い階層、更に言えば精錬所に近い位置に坑道があったのではないか。
既に紹介したように精錬所付近に坑口が埋没し、水没している坑道は1つ発見している。

また明神沢竪坑がある位置に今回の坑道が接続しているかは不明だが竪坑がある以上、あの下層にも坑道があるのはほぼ間違いなくそちらも調査したい。

③鉱石運搬手段の発見。
近代化以降も鉱石を川に流していたり、背負い籠だけで運んでいたとは考えにくい。(と思いたい個人的願望)
陸軍工兵中尉関根五郎氏の証言からも鉱車があったのは、ほぼ間違いなく少なくとも精錬所に近い位置に坑道か索道があったと思いたいのでその痕跡を見つけたい。


些細なことでも間瀬銅山に関する情報を何かご存じの方はコメント欄からでもTwitterからでもご一報頂けると本当に嬉しいです。(間瀬以外の鉱山の情報でも大喜びします)



自分の撮影技術の未熟さから一部、同志隊員である「まこちゃん」さんから写真の提供を受けています。
素晴らしいブログですので是非→柵の向こう側



※「仮称第三坑道」などの坑道名や分岐点名を始め、あらゆる名称は文献に明記がある物以外、自分らが便宜上その場の気分で名づけたものです。
その性質上、正確性も何もあったものではないのでご注意下さい。
また記事の内容自体が個人的願望や憶測で構成されている部分が多くありその正確性も一切保証できません。
スポンサーサイト
コメント
ずんださん、記事見させていただきました。
大変面白い内容で、感服です♪
同じ場所なのに、全く違う記事構成に、勉強させられます!
次回は、他の下層も行ってみたいですね♪
>>まこちゃんさん
ありがとうございます(`・ω・´)
未踏破区域踏破は単独調査では限界があったので、まこちゃんさんのお陰でもあります!
逆に自分は秘湯記事を始めとしたユーモアある記事とかいいなと思います。
他にも降りれる場所ありますから気になりますよね!
ぜひまた降りましょう!

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 坑道の中にびっくりしました!
>>ケンハちゃんさん
コメントありがとうございます。
おお!!あの時のお方でしたか!またこのような形でお会いできて大変嬉しいです。
自分も普段とは違う見送ってくれる人がいるのはとても新鮮でした。

今回の坑道の下層部へも降下し、新たに調査してきたのでそちらも近い内に公開予定です。
お時間ある時にでも見て頂けたら嬉しいです!(せっかく褒めて頂いたので、実はこの記事自体はお会いした時のものではない事は内緒にしておきます。次公開するものがお会いした時のものになる予定です 笑)


管理者にだけ表示を許可する