HOME > 特集 間瀬銅山 > 間瀬銅山 ~竪坑降下作戦~

間瀬銅山 ~竪坑降下作戦~

2014.07.07.Mon.21:07
途中から来た方や検索結果から来られた方は「TOPページ」から読まれることをオススメします。

以前の探索で、発見部分の階層をほぼ全て調査し終えた。
だが、それは1部の階層のみの話。
坑道を歩けば、恐怖と共に何度も思い知る下層部の存在が気になっていた。

だから今日は、第101空挺師団の如く降下作戦を実行するよ(`・ω・´)ゞ
鉱山に空挺降下とか意味がわからんが雰囲気が大切

IMGP3785_R.jpg
もう飽きるほど歩いた道でも、新たな発見があった。
紛うことなき石垣を発見したのだ!

IMGP3789_R.jpg


この階層レベルの坑道は、第三坑道完全攻略編でほぼ制覇しているので今回は割愛して進む。
お気入り支保工を通りホッパーを通過すると第一目標が見えてくる。

IMGP3942_R_R.jpg


ここが今回の第一目標。
世にも珍しい丸太梯子が覗く竪坑。
高さは2~3メートルくらいか。

IMGP3818_R.jpg


なお同志まこちゃんさんの相棒グローブ少尉が強行偵察を行った結果、竪坑に落下(´;ω;`)ブワッ
丸太梯子の横にその蒼き体を横たえる少尉殿。

a_1567078_c8a6c62e5c9ac951600938d72b7312cb2e12b633_jpg.jpg


今助けに行くぞ少尉!
降下準備に入る。

okNCmr9UJNQiVh51430063313_1430063350.png


ロープ投下!
まずは先発隊のまこちゃんさんが降下。

IMGP3824_R.jpg


無事に下層部へ到達したようだ。
少尉も無事救助された模様。

IMGP3834_R.jpg


それでは、(;゚д゚)ゴクリ…

IMGP3846_R.jpg


行って参ります(`・ω・´)ゞ
まだ見ぬ景色を求めて。

IMG_0765_R.jpg


無事下層部へ到達。
通気も悪くない。
ここに人が降り立ったのは何十年ぶりなんだろうか。

IMGP3848_R.jpg


「お~!!」
まこちゃんさんの歓声が聞こえる。

なんだ!なんだ!
先があったことに嬉しさを覚えつつ声のする方へ這いながら進む。
ちなみに降下した穴周辺は木製の支保工等で囲まれており、不用意に触ってしまえばその腐った体は簡単に折れて絶妙なバランスで支えている土砂が坑道に雪崩れ込むだろう。
そんな恐ろしい場所。

IMGP3860_R.jpg


歓声のする方へ体を滑り込ませる!

o0474050312220314823.jpg


って危なっ!!
勢い余って進んだら上のAAの如く魂も肉体も離陸するところだった。いや墜落か。。。

IMGP3856_R.jpg


写真では分かりにくいとは思うが、更に下層部が顔をのぞかせている。
恐らく左方向に下層部があるのでは?
しかし、すり鉢状になっており降りる手段はなく、手前に見える丸太も当初は階段かと思われたがシュリンケージの足場だったようだ。
もしかすると今いる場所も腐った木製の足場の上なのかも。。。


そしてこの危険な場所の右方向に坑道があった。

IMG_0759_R.jpg


カーブしながら続く狭い坑道。

IMGP3864_R.jpg


中腰の姿勢が続く。そんな高さ。
壁を見ると銅鉱脈を追って掘られたことがよく分かる。

IMGP3867_R.jpg


10メートルほど進むと閉塞。
ここから上部坑道並みの規模を期待したけれど上手くは行かないもんだ。

IMGP3870_R.jpg


ただこの小さな坑道、とても美しく見惚れて長い時間留まっていた。
すぐ閉塞しているせいか下層部のためより外部の影響を受けないためか理由は不明だが、結晶?で壁一面覆われ大変綺麗なのだ。

写真は上部坑道で見つけたものだが、こんなのが壁一面全てに覆われライトの光に反射しキラキラしていて大変美しい。
相変わらず鉱物はサッパリなので肝心の正体は不明だが(´・ω・`)
鉱物オタの人が偶然このページを見て正体を教えてくれる日が来るのを待つ日々。

IMG_0002_R.jpg


色々な鉱物が見れる。
硬いようで実はプニプニしていた。

IMGP3875_R.jpg


いま我らが隊で流行中のカッコイイ写真。
実際の地下空間はこんな暗さです。写真だけ見てると電気のついた明るい地底空間みたいに思えてくる。

IMGP3878_R.jpg


アクセス困難な美しい坑道を堪能した後に撤退。

IMGP3902_R.jpg


危険な竪坑より這い出す。

IMGP3906_R.jpg


次は自分の番だ。
くれぐれも腐った支保工には触れないようにして脱出。

IMGP3909_R.jpg


恐らく長い間瀬銅山調査史の中でも一番危険な場所だった。
今のところ。。。ね
仮称第三坑道の上部は殆ど調査を終えた今、下層部へ至る穴があればどんどん降りる。
次はココに降下する。

IMGP3949_R.jpg


まこちゃんさんが降りていく。
ちなみに奥のバックパックがある場所も下は空洞。
こんな場所ばかり。

IMGP3955_R.jpg

途中から結構狭くなる。

IMGP3964_R.jpg



無事に下層部へ到達したようだ。

IMGP3975_R.jpg


あれ?
早々と戻ってきたぞ。

IMGP3980_R.jpg


下層部の様子を聞いても上手く説明できないとの事なので、自分も降下準備に入る。
途中まで来た。ここから狭くなる。

IMGP3984_R.jpg


狭い空間を抜ける。
もうすぐ下層部。上にいるまこちゃんさんのライトが見える。

IMGP3995_R.jpg


下層部へ到達。

IMGP3988_R.jpg


埋まったようにも、ここで行き止まりのようにも見える。
降りてきた場所から直角にカーブした方向に坑道らしき穴が開いていた。

すぐ閉塞だった。

IMGP3991_R.jpg



今回は以前の調査で目星をつけていた2箇所の穴へ降下したが、どちらも期待した下層坑道の発見には至らなかった。
しかし穴が顔を見せてる以上、入らずにはいられない人達なので色々満足ではあった。
更なる地下空間の存在を信じて今後も調査を継続していく。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
さすがずんださん、記事が面白い♪
特に絵文字が良い(笑
>>まこちゃんさん
お褒めにあずかり光栄です(∩´∀`)∩
そう言えば課題だった装備の更新をしました!
邪魔なリュックの時代は終わったのです 笑
ついに「腰」デビューか!?
装備は必要に応じて、更新される物ですからね♪
あとは胴長で完璧か(笑
当方新潟住みにわか鉱物オタです
写真の針状の鉱物はソーダ沸石っぽいですね
間瀬海岸の岩場の方で似た産状のソーダを採ったことがあります
ただ、針状の沸石は種類が多くて見分けにくいので何とも言えませんな・・・
>>わかめさん
ご丁寧にコメントありがとうございます!
なるほど。ソーダ沸石の可能性有りってことですね。
鉱物はサッパリなので教えて頂きとても嬉しいです。
初めまして
おはようございます。
ちょっとお聞きしたい事が有るのですが、ご連絡お願い出来ますか?

管理者にだけ表示を許可する