HOME > スポンサー広告 > 沖ノ島 戦跡遺構HOME > 戦争遺構 > 沖ノ島 戦跡遺構

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖ノ島 戦跡遺構

2015.07.04.Sat.17:02
現在は海上自衛隊館山航空基地、戦時中は館山航空基地のあった裏手。
海に突き出た無人島が今回の目的地。

近くには米占領軍本隊初上陸地点がある。
1945年9月3日午前9時20分、米陸軍第8軍第11軍団3500名が上陸用舟艇を用いて上陸した。
戦艦ミズーリにて降伏文書調印式が行われた事は有名だが、館山航空基地から戦後占領政策が始まった事はあまり知られていない。
余談だが、この米陸軍第8軍団は朝鮮戦争勃発にあたっては米軍の主力として投入され、以後朝鮮半島(韓国)に駐留を続けている。


早速、話が逸れた。
沖ノ島は幸運な事に陸続きになっており、第8軍のように上陸用舟艇を使うこと無く徒歩で辿り着ける。

IMGP3339_R.jpg


無事に上陸する。



家族連れも多くほのぼのとした雰囲気。。。。。ヘルメット装備持ってこなくてよかった

IMGP3338_R.jpg


島内の案内図。
なんだか猿島を思い出す。

IMGP3293_R.jpg


まずは島内の周辺偵察。

貯水槽だろうか建物の基礎だろうかレンガ造りの遺構をすぐに発見。

IMGP3295_R.jpg


道を歩いているとアチコチに「穴」が顔をのぞかせている。
取り敢えずそっちは我慢して探索を続ける。

島の南西部まで来た。
なにやら怪しい「穴」発見!

IMGP3300_R.jpg


入ってきた坑口

IMGP3304_R.jpg


内部では銃眼を確認できた。湾から基地に上陸する目標を攻撃するにはちょうどいい。
機銃火点としては申し分ない。
他にも小銃用銃眼若しくは観測用の開口部や弾薬庫のようなスペースも確認できた。

IMGP3303_R.jpg


コチラが海側から見た銃眼。ちょうど探検精神旺盛な少年が銃眼から顔を突き出してくれたので分かりやすいはず。

76DlyS3vDzfBveH1435988719_1435988765.png


全体図。自然の地形を活かした典型的な防御陣地だ。
これでは射撃を受けてからじゃないと陣地は見えない。

IMGP3307_R.jpg


それなりに文献を調べてみたが、この沖ノ島の防衛を担当した部隊はよくわからなかった。
まあ場所柄、館山航空基地の防御陣地だろうから基地所属の部隊なんだろう。多分。

どうやら海岸にも遺構があるらしいが、どれが自然由来なのか遺構なのかよく分からない。
なにかあるらしい程度。

IMGP3314_R.jpg


では島内陸部に戻り、勿体ぶった壕を調査しよう。
先述したように興味を持って見ていれば島内では数多くの陣地壕の坑口を発見できる。

IMGP3298_R.jpg


IMGP3299_R.jpg


IMGP3316_R.jpg


内部に潜入する。
坑道側面部が丁寧に切り取られていた。

IMGP3320_R.jpg


振り返った図

IMGP3333_R.jpg

灯り置きにしては坑口に近すぎるし、煤けてもいない。
先に進もう。

IMGP3321_R.jpg


おっ(゚д゚)!
階段だ

IMGP3330_R.jpg


登ってきた階段

IMGP3324_R.jpg


これまでより広い通路に出た。

IMGP3325_R.jpg


。。。。。って

20140218004331f5c.jpg


天井に見える黒いの全部フナムシだ。。。それもそりゃ特大の。
東北や甲信越で見る奴の倍以上はある。
しかも奴らフラッシュライトを当てると落ちてきやがる。それなりに耐性があると思っていたがこの特大は気持ち悪い。

まあ先を見るためにレインウェアを被って走り抜けるのですがね。

フナムシ地獄の先は少しカーブしながら地表へと向かっていた。
貫通してた(´・ω・`)

IMGP3326_R.jpg

さっき分岐を見たのでそちらを見てみよう。
コッチも地表へと向かい埋没している。微かに地上も見える。

IMGP3328_R.jpg


唯一地下方向に向かう坑道も水没。
見える範囲では行き止まりのようだ。

IMGP3329_R.jpg

見れる範囲入れる範囲の場所は全て見たので地上に帰る。
銃眼等は発見できず、また各壕が連絡し合っているところを見ると各防御陣地や島内への連絡壕等として使われたのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
沖ノ島行きましたか
探せば6ヶ所ぐらい入れる所がありましたね
その手前の鷹の島にも半地下燃料庫などの遺構も残っているので、合わせて見て見て下さい
>>yakumoさん
近くにある水産試験場の跡のは知ってましたが半地下式燃料庫などは知りませんでした!
これまで長らくyakumoさんやtonotamaのブログを拝見してきたので、なんだか皆さんの足跡巡りでもしてる気分になります 笑

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。