HOME > 廃鉱山(廃坑) > 行川アイランド 後編

行川アイランド 後編

2016.01.10.Sun.17:22
行川アイランド 前編
行川アイランド 中編


外の世界へ出てきた。
後編も相変わらず穴を突き進む。そして唐突に現れる本日最大の危機!

IMGP3650_R.jpg



先程まで入ってたプールゾーンを背に山の斜面を上がっていく。

IMGP3620_R.jpg


少し歩くとまた魅力的な穴達が待っていた。
位置的には園内で一番高い位置にある山の中腹にいることになる。

IMGP3621_R.jpg


取り敢えず左の穴から入ってみよう。

IMGP3624_R.jpg


内部はコンクリートで巻建てられた通路になっていた。
奥には出口が見えているが、外を確認してこよう。ドコに繋がるのだろう。

IMGP3623_R.jpg


ご親切に案内どうも(´・ω・`)

IMGP3675_R.jpg


出口付近にもご丁寧に看板が置いてあった。
看板の通り山を貫いたトンネルだったようだ。

IMGP3677_R.jpg


んで。外の世界。

IMGP3682_R.jpg


これ以上は進まず、戻って先程の2つ穴のもう片方を確認しに行こう。
もう一つの穴。方向的にはコチラの方が山の中心部へ向かってる感じ。見れば見るほどやっぱり軍事遺構だよね。。。

IMGP3628_R.jpg


突入!
えっ(゚д゚)!エレベーターがあるの?? 一体ドコへ行こうとしているのか。

IMGP3625_R.jpg


なんだか時代を感じるゲーム機が積まれている。

IMGP3630_R.jpg


ゴミを乗り越えて進む。
振り返った絵。ちょっと進めばもう真っ暗な世界。

IMGP3637_R.jpg


壁面には営業当時の貴重な写真が掛かってる。

山の谷間に南国風の植物が植えられている様子が見える。

IMGP3633_R.jpg


IMGP3641_R.jpg


階段状に客席が設置され、見下ろす形でフラミンゴショーを見学している様子が確認できる。
似た地形が多く場所は特定できないが、通ってきた場所のどこかだろう。

IMGP3648_R.jpg

IMGP3645_R.jpg


先へ進もう。
軽くカーブしつつ山の中心部へ向かってる。先程入った穴より状態がいい。巻きたてに損傷もない。

IMGP3636_R.jpg


ん??Σ(´∀`;)。。。なんか見える。



エレベーターきたあああああああああ!

IMGP3649_R.jpg


この付近だけは損傷も大きい。エレベーターを通じて外と繋がっているからだろうか。
なんかやばい雰囲気。

写真では見難いだろうが、エレベーターの扉からは土砂が覗いている。
人為的なのか自然崩落なのかは分からないが、竪坑が土砂で埋まってるのは間違いないだろう。

IMGP3650_R.jpg


エレベーターの竪坑が使えないからと言って、先へ進めない訳ではない。
お気づきだろうか。幸か不幸かご丁寧に小さな穴がコッチを見てる。|д゚)チラッ

IMGP3654_R.jpg


非常口。。。なのか?
小さな穴に体を滑り込ませる。

IMGP3655_R.jpg


エレベーター横にある階段だった。
入ってきた穴。

IMGP3658_R.jpg


それでは登ってみますか。
階段自体は屋内にあるためか、それほど傷んでいるようには見えない。
朽ちかけてるのはホント怖い。
てか、なんだこの不穏な土砂は。。。。(;^ω^)

IMGP3660_R.jpg


登って踊り場を曲がると。。。。うわああああああああ((((;゚Д゚))))
唐突に現れる本日一番の危機。

IMGP3661_R.jpg


これはヤバイ。柵の上まで土砂で埋まってる。
土砂で足を滑らせれば脇から転落、更に最も恐れるべきはポンコツ階段に土砂が堆積して、耐荷重が限界に来ているところに人間が乗って階段のある空間自体が倒壊する事。

まあ進むんだけど。
踊り場まで来た。どこ由来なんだか知らないがゴミの大きさがデカくなる。

IMGP3666_R.jpg


更にもう一段上がってきた。

IMGP3668_R.jpg


階層を上がれば上がるほどヤバさが上がっていく。

IMGP3672_R.jpg


コレが限界。山の高さ的にまだ半分くらいしか来てないだろうが、出口どうなってるんだろ。
この後、山の頂上へ至る道を探してみたが発見できなかった。その為、エレベーターや階段の先の状況も不明。
それにしても、これ階段のある空間ごと崩落するのも時間の問題だよな。。。怖い怖い

IMGP3673_R.jpg


こんな危険な空間にいられるか!撤退撤退!(結構楽しかったけど)
この塔の下の地中にいたはず。

IMGP3684_R.jpg


先へ進む。
また何かの跡地。

IMGP3685_R.jpg


近くの斜面に色々気になるモノが。
坑道だったらいいのにな(そんな訳ない)

IMGP3688_R.jpg


他にも似たようなのがあったが内部で繋がっていて、大きさ的にも動物の飼育用の檻かなにかだろうか。

IMGP3689_R.jpg


IMGP3692_R.jpg


これは大戦時の壕がそのままなのだろうか。

IMGP3698_R.jpg


特に巻き建てられていた痕跡もなく、奥行きもなく倉庫かなにかに使われていたのだろうか。

IMGP3701_R.jpg


道なりに進む。
山をグルっと周ってる感じ。

IMGP3702_R.jpg


山を貫いてトンネルがあった。

IMGP3703_R.jpg


IMGP3706_R.jpg


クルマも走れるほど大きなトンネル。

IMGP3704_R.jpg


トンネルを出ると大きな広場に出た。

IMGP3709_R.jpg


その広場の斜面にこれまた気になる半分埋没したトンネルが。

IMGP3712_R.jpg


もう方向感覚が訳の分からない事になってるが、取り敢えず入ってみる。

IMGP3715_R.jpg


もはや見慣れた塗装。
両脇に何か見える。ん?なんか見覚えるぞココ。

IMGP3719_R.jpg


両脇はそれぞれ奥まった部屋になっている。
ここも元は弾薬庫だった場所を利用しているのだろうか?

IMGP3721_R.jpg


IMGP3722_R.jpg


意味深に通路に落ちてた看板を信じるならば、営業当時はココにフラミンゴがいたらしい。
こんな場所にいるのか。。。?

IMGP3724_R.jpg


先へ進むとやはり見慣れた景色を観た。
なるほど。一番最初に見た水族館の逆側の入り口から入ってきたのか。

IMGP3729_R.jpg


元来た道を戻り、見えてた大きなトンネルへ入る。
恐らくココがメインの通りだろう。

IMGP3730_R.jpg


フラミンゴさんがお出迎えしてくれる訳だ。

IMGP3733_R.jpg


上を見上げると鳥がトンネル内を飛んでた。

IMGP3737_R.jpg


IMGP3747_R.jpg


探索に6時間以上もかかった大型施設だったが、軍事遺構的側面も穴的側面もあった中々興味深い場所だった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する